NETWORK
CAMERA

ネットワーク・カメラ

ネットワークカメラ
とは?

カメラ1台ごとに、IPアドレス(インターネット上の住所)が割り振られ、それ自体がパソコンのようになっています。
リモート操作で常時カメラを操作したり、ライブ映像を確認できます。
また、内蔵のWebサーバ、FTPサーバ、FTPクライアント、電子メールクライアントを持つこともできるのでアラーム管理、プログラム可能、その他多くの機能を搭載できます。

WEB・アナログカメラとの違い

ネットワークカメラはパソコンのようなものなのでIPネットワークさえあれば、どこにでも設置することができます。
それに対してWEBカメラはPCに接続する必要があります。
アナログカメラはデータのやりとりが映像をオペレーターが受け取るだけなのに対して、ネットワークカメラは双方向で、システム統合やカスタムなど、用途によってより使いやすい調整が可能です。

ネットワーク・カメラの性能例

  • 性能イメージ
  • 基本構成図
  • スペック・性能の例
  • ビデオガイド

ネットワークカメラ
(IPカメラ)

カメラとパソコンが一つになったもの
ネットワーク上の住所であるIPが割り振られており
ネットワークインフラ内で、映像をライブで確認できたり
保存することが可能です

〈性能・機能例〉

アラーム検出・連動・通知
双方向通話 etc…

ネットワーク・カメラ導入のメリット

どこからでも映像を
確認できる

自身のスマートフォンや
PC画面をスライドして、
遠隔からカメラ操作が可能

音を聞いたり
声も出せる

お互いに通話が可能なため、
映像を確認しながら音声発信を
することが可能

回線工事なしで
ネット環境構築

WiFi接続や、無線LAN、
LTEの内部アンテナで
送受信が可能

複数のカメラ映像を
自動保存

同じ管理ネットワークにある
カメラはまとめて自動保存可能
(最大8台)

スマホやノートPCから
操作・確認

スマートフォンアプリで、
カメラ前で動きがあると
スマートフォンに通知/自動録画

設置場所に困らない
小型デザイン

家具に置いたり、壁に付けたり
用途に合わせて
お使いいただけます

PRODUCT
-製品紹介-